2014年10月19日日曜日

第11回セリエカップ閉幕

第11回大会は、優勝ヴァンフォーレ甲府、準優勝FC浦和、第3位甲府TCレッジーナ
全勝で決勝に臨んだヴァンフォーレ甲府は過去3回の優勝を誇るFC浦和勝利し初優勝

【1日目予選リーグ全グループ成績】PDF  【2日目順位リーグ全グループ成績表】

優勝:ヴァンフォーレ甲府U-11
準優勝:FC浦和
第3位:甲府TCレッジーナ

今年こそはと臨んだ甲府TCレッジーナでしたが、FC浦和に順位リーグで惜敗、順位決定戦ではJACPA東京に勝利し3位となりました。
県内トレセンの研修の場でもある大会、2日目上位リーグに残れたのはトレセン10チーム中3チーム。今回参加した甲府TCU-10がミランリーグ2位と健闘しました。



セリエリーグ成績発表

ユベントスリーグ成績発表
青山さまより表彰を受けるVF選手
表彰を受ける浦和選手

最優秀選手賞:渡邊春翔選手(VF甲府)
優秀選手賞:井上真成・保坂泉喜(VF甲府)、升掛友護・坂田綜太郎(FC浦和)、
小松泰陽・保坂好寿(甲府TCレッジーナ)、鴨下颯人・三原快斗(JACPA東京)、
守屋湧磨・鈴木京悟(ヴィヴァイオ船橋)、井上隼翔・中嶋飛翔(峡北TCS)
以上(セリエ1位リーグ)

※セリエカップも今年から8人制に移行しました。JFA技術委員会では最近選手に「ボール際の厳しさを要求」するようになり、本大会でも上位パートでは良いパフォーマンスを見ることができました。日頃のトレーニングではどうでしょうか? 厳しい「1対1」や「ゴール前の攻防」ができていますか。日常のトレーニングから継続し日本を代表する選手になってください。(神取技術委員長)


お礼の言葉 青山秀人
(株式会社 青山 代表取締役社長)

※快晴に恵まれた大会も幕を閉じます。先ほどまで富士山が皆さんのプレーを見ていました。セリエカップに参加した選手の皆さんがトレーニングを重ね日本を代表するような選手となることを願っています。
2日間にわたり開催にご尽力いただいた役員、保護者の皆様はじめ、遠方よりご参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

【大会成績】
◆セリエ1位リーグ
 優勝:ヴァンフォーレ甲府U-11
 準優勝:FC浦和
 第3位:甲府TCレッジーナ
 第4位:JACPA東京FC
 第5位:峡北TCS
 第6位:ヴィヴァイオ船橋
◆ユベントス2位リーグ
 1位:鹿島アントラーズ
 2位:バディーSC
 3位:SCHFC
 4位:甲府TCフィオレンティーナ
 5位:松本トレセン
 6位:江南南SS
◆ミランリーグ
 1位:町田JFC
 2位:甲府TCU-10
 3位:峡中TC
 4位:峡東TC
 5位:上小TC
 6位:諏訪TC
◆インテルリーグ
 1位:郡内南TC
 2位:バディーSC中和田
 3位:郡内東TC
 4位:甲府TCナポリ
 5位:ヴィトーリア目黒
 6位:甲府TCパルマ



0 件のコメント:

コメントを投稿